Windows 2003、2008、または 2012 に CDONTS をインストールするには

Created:

2016-12-12 03:43:53 UTC

Modified:

2017-08-08 13:45:40 UTC

0

Was this article helpful?


Have more questions?

リクエストを送信

Windows 2003、2008、または 2012 に CDONTS をインストールするには

Applicable to:

  • Plesk 12.0 for Windows
  • Plesk 12.5 for Windows

KB #560 からの自動インポート

解決策

Microsoft Windows Server 2003、2008、および 2012 では、CDO(Collaboration Data Objects)for NTS(CDONTS)がインストールされません。そのため、CDONTS を使用するアプリケーションは機能しません。

CDONTS を Windows Server 2003、2008、または 2012 で機能させるには、以下を行ってください。

  1. Windows Server 2008 および 2012 の場合、"Server Manager" 経由で "Web Server (IIS)" の役割の "IIS 6 Management Compatibility" サービスをインストールする必要があります。

  2. 添付された CDONTS.ZIP ファイルをダウンロードします(CDONTS.DLL コンポーネントは Windows Server 2000 のインストール CD からも入手できます)。ダウンロードが完了したら、CDONTS.DLL を展開して、その内容を適切なフォルダに格納します。

32 ビットシステムの場合: %systemroot%\\system32 フォルダ(デフォルトで C:\\Windows\\system32)

64 ビットシステムの場合: %windir%\\syswow64(デフォルトで C:\\Windows\\syswow64)

  1. 適切なコマンドを使用してサーバに CDONTS.DLL コンポーネントを登録します。

32 ビットシステムの場合: regsvr32 "%systemroot%\\system32\\cdonts.dll"

例:

C:\\WINDOWS\\system32>regsvr32.exe cdonts.dll

64 ビットシステムの場合: regsvr32 "%systemroot%\\syswow64\\cdonts.dll"

例:

_C:\\WINDOWS\\syswow64>regsvr32.exe cdonts.dll _

  1. CDONTS.DLL コンポーネントを登録したら、SMTP サービスが稼働していることを確認する必要があります。

管理ツールで IIS マネージャー(Windows Server 2008、2012 の場合は "IIS 6.0 マネージャー")に移動し、ローカルサーバを展開します。SMTP サービスがリストアップされた場合、既にインストールされていることを意味します。リストアップされない場合、このサービスをインストールする必要があります。

SMTP をインストールするには、以下を実行します。

  • Windows Server 2003 の場合:[Control Panel]>[Add/Remove Programs]>[Add/Remove Windows Components]>[Application Server]>[IIS]で、SMTP サービスを選択し、[OK]をクリックします。
  • Windows Server 2008 および 2012 の場合:[Server Manager]>[Features]で "SMTP Server" 機能を追加します。

  • IIS マネージャー(Windows Server 2008、2012 の場合は "IIS 6.0 マネージャー")で SMTP サーバを右クリックして SMTP サーバを構成し、[Properties]を選択します。

a. このサーバ上で別のメールサーバが既に実行されている場合(MailEnable)、ポートを変更する必要があります。これには、[General]タブで[Advanced]ボタンをクリックします。 b. SMTP サーバの完全修飾ドメイン名(FQDN)をセットアップします。[Delivery]タブで[Advanced]ボタンを押し、サーバの FQDN を指定します。 c. [Security]タブでオペレータのリストに IIS\_WPG グループを追加します。[Add]ボタンをクリックし、[Object Types]ボタンをクリックし、[Groups]チェックボックスをオンにします。[OK]をクリックし、追加するオブジェクト名として "IIS\_WPG" を入力し(引用符は不要)、[OK]をクリックします。

  1. " inetpub\\mailroot\\pickup " ディレクトリで psacln グループに書き込みパーミッションを割り当てます(ディレクトリが存在しない場合、作成してください)。

カスタムパーミッションは Plesk のアップグレード中に失われます。アップグレード中にカスタムパーミッションが失われないようにするには、『 Plesk Advanced Administration Guide 』の「 Customizing Disk Security 」の章を参照してください。

追加情報

詳しくは、以下のリソースを参照してください。 http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;en-us;324649

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
ログインしてコメントを残してください。