障害発生後、新しいサーバに Plesk インストールを復元するには

  • Plesk 12.5 for Linux
  • Plesk 11.0 for Linux
  • Plesk 11.5 for Linux
  • Plesk 12.0 for Linux
  • Plesk 10.3 for Linux

2016-11-16 12:58:41 UTC

2017-01-31 09:52:11 UTC

0


リクエストを送信

障害発生後、新しいサーバに Plesk インストールを復元するには

症状

障害回復作業中に、新しい Plesk インスタンスをセットアップし、旧サーバからすべてのサーバ設定と顧客データを移行する必要があります。何らかの理由で、以下の記事に記述されたソリューションを利用できません。

213396689 -- How do I restore Plesk from the hard disk drive when the Operating System is broken and the HDD with an old OS and Plesk is mounted in the new system.

解決策

旧サーバのハードドライブが新しいサーバの /old ディレクトリにマウントされていることが前提となります。

注: 新サーバにインストールする Plesk が旧サーバにインストールしていたものと 同じバージョン で、正しくライセンスされている必要があります。

  1. 重要:この手順は、旧サーバと新サーバで MySQL サーバのバージョンが同じである場合にのみ可能です。

    /etc/my.cnf 内の datadir パラメータが古いドライブの MySQL データベースの場所( /old/var/lib/mysql )とダンプデータベースをポイントするようにして MySQL サーバを起動します。

    # mysql -uadmin -p`cat /old/etc/psa/.psa.shadow` -Dpsa -Ns -e"select name from data_bases where type = 'mysql'" | while read dbname ; do mysqldump -uadmin -p`cat /etc/psa/.psa.shadow` --databases $dbname > $dbname.sql ; done

    MySQL を停止し、/etc/my.cnf の datadir パラメータを元の値に戻し、MySQL を起動してデータベースを復元します。

    # for f in *.sql ; do mysql -uadmin -p`cat /etc/psa/.psa.shadow` < $f ; done
  2. ダンプから Plesk データベースを復元します。

    a) Plesk サービスを停止します。

    # /etc/init.d/psa stopall

    b) MySQL サーバを起動します。

    # /etc/init.d/mysqld start

    c) データベースダンプをインポートします。

    # zcat /old/var/lib/psa/dumps/mysql.daily.dump.0.gz | mysql -uadmin -p`cat /etc/psa/.psa.shadow`
  3. Plesk のデータベースパスワードファイルをコピーします。

    # cp -rpf /old/etc/psa/.psa.shadow /etc/psa/.psa.shadow
  4. (Plesk 11.x 以降) 暗号化キーを新サーバにコピーします。

    # cp /etc/psa/private/secret_key /etc/psa/private/secret_key.save
    # cp -rpf /old/etc/psa/private/secret_key /etc/psa/private/secret_key

    注: また、ファイルに対して chmod chown が必要な場合もあります。

    # chmod 0600 /etc/psa/private/secret_key
    # chown psaadm:root /etc/psa/private/secret_key

    このファイルの正しいパーミッションは以下のようになります。

    # stat /etc/psa/private/secret_key
    File: `/etc/psa/private/secret_key'
    Size: 16 Blocks: 8 IO Block: 4096 regular file
    Device: fd00h/64768d Inode: 49938531 Links: 1
    Access: (0600/-rw-------) Uid: ( 501/ psaadm) Gid: ( 0/ root)
    Access: 2014-07-14 17:35:51.000000000 +0200
    Modify: 2012-11-22 00:14:01.000000000 +0100
    Change: 2014-07-14 17:06:31.000000000 +0200

    注: この後、Plesk のクレデンシャルで MySQL にアクセスできなくなった場合は ( mysql -uadmin -p$(cat /etc/psa/.psa.shadow) )、 service mysqld restart で MySQL サーバの再起動を試みてください。

  5. 新サーバに割り当てられた IP アドレスのセットが変更された場合、 IP_Addresses テーブルに変更を加えます。

  6. ドメインのコンテンツを復元します。

    # rsync -av /old/var/www/vhosts/ /var/www/vhosts/
  7. Plesk システムユーザを復元します。

    # mysql -uadmin -p`cat /etc/psa/.psa.shadow` -Dpsa -Ns -e"select s.login, a.password, s.home, s.shell from sys_users s, accounts a where a.id = s.account_id" | awk '{ print "PSA_PASSWD=\\x27" $2 "\\x27 /usr/local/psa/admin/sbin/usermng --add-user --user=" $1 " --homedir=" $3 " --shell=" ($4?$4:"/bin/false")}' | sh -x

    Plesk 10.x 以降で、以下のコマンドを実行します。

    # mysql -uadmin -p`cat /etc/psa/.psa.shadow` -Dpsa -Ns -e"select s1.login, s2.login from sys_users s1 left join sys_users s2 on s2.id = s1.mapped_to where s2.login is not null" | awk '{print "/usr/local/psa/admin/sbin/usermng --map-user --user=" $1 " --mapped-to=" $2}' | sh -x
  8. 仮想ホストのコンテンツでオーナーシップを修復し、存在しないユーザが所有しているファイルとディレクトリを修復します。

    Plesk 10.x および 11.x

    # mysql -uadmin -p`cat /etc/psa/.psa.shadow` -Dpsa -Ns -e"SELECT s.home, h.www_root, s.login FROM hosting h, sys_users s WHERE s.id = h.sys_user_id" | while read home www_root login ; do content_uid=`stat --format=%u "$www_root"` ; find $home -uid $content_uid -exec chown $login '{}' + ; done

    Plesk 9.x 以前:

    # mysql -uadmin -p`cat /etc/psa/.psa.shadow` -Dpsa -Ns -e"SELECT home, login FROM sys_users" | while read home login ; do content_uid=`stat --format=%u "$home/httpdocs"` ; find $home -uid $content_uid -exec chown $login '{}' + ; done
  9. SSL 証明書を復元します。

    # cp -p  /old/usr/local/psa/var/certificates/* /usr/local/psa/var/certificates/
  10. ウェブサーバの構成を再生成します。

    Plesk 8.x および 9.x

    # /usr/local/psa/admin/sbin/websrvmng –a -v

    Plesk 10.x

    # /usr/local/psa/admin/sbin/httpdmng --reconfigure-all
  11. mailnames のコンテンツを復元します。

    # rsync -av /old/var/qmail/mailnames/ /var/qmail/mailnames/
    # chown -R popuser:popuser /var/qmail/mailnames/*
  12. メール構成を修復します。

    # /usr/local/psa/admin/sbin/mchk –-with-spam
  13. DNS ゾーンを復元します。

    Plesk 9.x 以前の場合:

    # mysql -uadmin -p`cat /etc/psa/.psa.shadow` psa -Ns -e  "select name from dns_zone" | awk '{ print "/usr/local/psa/admin/sbin/dnsmng update " $1 }' | sh -x

    Plesk 10.x 以降の場合:

    # mysql -uadmin -p`cat /etc/psa/.psa.shadow` psa -Ns -e  "select name from dns_zone" | awk '{ print "/usr/local/psa/admin/sbin/dnsmng --update " $1 }' | sh -x
  14. Plesk サービスを起動します。

    # /etc/init.d/psa start
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
ログインしてコメントを残してください。