[情報] ウェブサーバの構成ファイルにドメイン固有の Apache 構成ディレクティブを埋め込むには

Created:

2016-11-16 12:57:57 UTC

Modified:

2017-08-16 17:06:49 UTC

1

Was this article helpful?


Have more questions?

リクエストを送信

[情報] ウェブサーバの構成ファイルにドメイン固有の Apache 構成ディレクティブを埋め込むには

Applicable to:

  • Plesk for Linux

解決策

ウェブサーバの構成ファイルに、ドメイン固有の Apache 構成ディレクティブを埋め込むことができます。Plesk では、' httpd.include ' という独立したファイルに各ドメインの仮想ホスト構成情報が格納されます。

すべての Linux システムで、このファイルは /var/www/vhosts/<domain-name>/conf/ フォルダにあります。

FreeBSD システムでは、このファイルは /usr/local/www/vhosts/<domain-name>/conf/ ディレクトリにあります。

Plesk をバージョン 7.5.4 以前からアップグレードした場合、当該ディレクトリでこれらのファイルを探してみてください。

    /home/httpd/vhosts/<domain-name>/conf/` or `/usr/local/psa/home/vhosts/<domain-name>/conf/

注: 仮想ホストディレクトリの場所は、 transvhosts.pl ユーティリティを使用して変更できます。これは OS に応じて ' /usr/local/psa/bin/ ' または ' /opt/psa/bin/ ' ディレクトリにあります。

このファイルは、仮想ホストの構成が変更されるたびに上書きされます。したがって、ファイルに手動で変更を加えても破棄されます。カスタムディレクティブを使用するか、Plesk によって挿入されたものを再定義するには、ドメインの場合は /path_to_vhosts/<domain-name>/conf/ ディレクトリに、サブドメインの場合は /path_to_vhosts/<domain-name>/subdomains/<subdomain-name>/conf/ ディレクトリに、必要なディレクティブを加えて vhost.conf および/または vhost_ssl.conf ファイルを作成する必要があります。

'vhost.conf' ファイルの例:

DocumentRoot /var/www/vhosts/domain.tld/httpdocs/web
<Directory /var/www/vhosts/domain.tld/httpdocs/web>
<IfModule mod_php5.c>
php_value memory_limit 512M
php_admin_value open_basedir "/var/www/vhosts/domain.tld/httpdocs:/tmp:/usr/bin:/usr/local/bin"
php_admin_value post_max_size 1024M
php_admin_value upload_max_filesize 1024M
php_admin_value safe_mode Off
php_admin_value register_argc_argv On
php_admin_value register_globals Off
</IfModule>
<IfModule sapi_apache2.c>
php_value memory_limit 512M
php_admin_value open_basedir "/var/www/vhosts/domain.tld/httpdocs:/tmp:/usr/bin:/usr/local/bin"
php_admin_value post_max_size 1024M
php_admin_value upload_max_filesize 1024M
php_admin_value safe_mode Off
php_admin_value register_argc_argv On
php_admin_value register_globals Off
</IfModule>
</Directory>

メイン構成ファイルを生成する時点でこれらのファイルのいずれかが存在していた場合、Plesk は適切な "Include"ディレクティブを HTTP および/または HTTPS 仮想ホストコンテキストにそれぞれ挿入します。セキュリティ上の理由から、'root' ユーザのみが vhost.conf ファイルおよび vhost_ssl.conf ファイルを作成できます。変更を適用するには、以下のコマンドを実行する必要があります。

PRODUCT_ROOT_D/admin/sbin/websrvmng --reconfigure-vhost --vhost-name=<domain_name>
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
ログインしてコメントを残してください。