"554 5.7.1 Relay Access Denied" というエラーでメールを送信できません

Created:

2016-11-16 12:55:11 UTC

Modified:

2017-08-18 02:11:27 UTC

6

Was this article helpful?


Have more questions?

リクエストを送信

"554 5.7.1 Relay Access Denied" というエラーでメールを送信できません

Applicable to:

  • Plesk 12.5 for Linux
  • Plesk 11.x for Linux
  • Plesk 12.0 for Linux
  • Plesk 12.5 for Windows

症状

サーバの特定ドメイン内の既存のメールボックスへメールを送信できません。

Relay access denied

このメールを送信したユーザに、以下の通知が届きます。

Sorry, we were unable to deliver your message to the following address.

/usr/local/psa/var/log/maillog に以下の記述があります。

postfix/smtpd[1235]: NOQUEUE: reject: RCPT from mail-wi0-f177.google.com: 554 5.7.1 <info@domain.com>: Relay access denied; from=<test@gmail.com> to=<info@domain.tld> proto=ESMTP helo=<mail-wi0-f177.google.com>

Postfix データベースにこのドメインに関するエントリがありません。

postmap -s /var/spool/postfix/plesk/virtual | grep domain.tld

原因

いくつかのメールアカウントにパスワードが設定されていないか、Postfix が正しく構成されていません。

解決策

解決策 1

mchk ユーティリティを実行して、考えられる問題をチェックします。

/usr/local/psa/admin/sbin/mchk  --with-spam

Checking for: mailsrv_conf_init... ok
Checking for: mail_handlers_init... ok
Checking for: mailsrv_entities_dump... ok
Checking for: mail_admin_aliases... ok
Checking for: mail_auth_dump... fail
Checking for: mailman_lists_dump... ok
Checking for: mail_kav8_restore... ok
Checking for: mail_responder_restore... ok
Checking for: vhostidmng... ok
Checking for: mail_postfix_transport_restore... ok
Checking for: mail_spam_restore... ok
Checking for: mail_grey_restore... ok
Checking for: mail_mailbox_restore... ok
Checking for: mail_spf_restore... ok
Checking for: mail_dk_restore... ok
Checking for: mail_drweb_restore... ok
Errors occured in mail restore procedure
Some utilities have exited with errors:
/usr/lib64/plesk-9.0/mail_auth_dump

どのメールアカウントにも空のパスワードが設定されていないことを確認します。

# MYSQL_PWD=`cat /etc/psa/.psa.shadow` mysql -u admin psa
mysql> select displayName,password from accounts join mail on mail.account_id = accounts.id JOIN domains ON mail.dom_id = domains.id where type="sym" and password not like "$AES%";

+-----------------------------+----------+
| displayName | password |
+-----------------------------+----------+
| domain1.tld | |
| domain2.tld | |
| domain3.tld | |

Plesk インターフェースで、パスワードが空であることがわかったすべてのアカウントのパスワードをリセットします。これにより mail_auth_dump の問題が修正されます。次に、mchk ユーティリティを再び実行します。

解決策 2

KB 記事 [(KB #124410] Domain or mail account creation error: mailmng-outgoing failed に従って、ドメインにすべてのレコードが存在することを確認します。

影響を受けるドメインのメールサービスを無効化して有効化します。

解決策 3

上記の解決策で解決しない場合、Postfix を再インストールします。

Plesk リポジトリから Postfix をダウンロードします(独自の OS とアーキテクチャを選択します)。 wget http://autoinstall.plesk.com/PSA_11.5.30/dist-rpm-CentOS-6-x86_64/opt/maildrivers/ rpm -Uvh postfix-2.8.14-13040119.x86_64.rpm

次に マイクロアップデートをすべて再インストールします

解決策 4

不足しているエントリを Postfix データベースに直接追加します。

編集する必要があるファイルは、virtual_domains.db、virtual.db、vmailbox.db です(/var/spool/postfix/plesk/ 内にあります)。

現在のセットアップを変更せずにこれらのファイルを編集するには、以下のコマンドを実行して、これらのファイルに保存されたオリジナルの情報を取得します。

/usr/sbin/postmap -s filename > filename

(filename には .db 拡張子を省いてファイル名を書き、postmap の前にフルパスを追加します)。

/usr/sbin/postmap -s virtual_domains > /root/virtual_domains
/usr/sbin/postmap -s virtual > /root/virtual
/usr/sbin/postmap -s vmailbox > /root/vmailbox

ステップ 2 で作成したファイルの情報を読み、編集します(virtual_domains、virtual、vmailbox、拡張子なし)。

以下を実行して、テキストファイルを再び *.db ファイルに変換します。

/usr/sbin/postmap hash:filename (still no extension)
/usr/sbin/postmap hash:/root/virtual_domains
/usr/sbin/postmap hash:/root/virtual
/usr/sbin/postmap hash:/root/vmailbox

Postfix 構成をリロードします。

/usr/sbin/postfix reload
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
ログインしてコメントを残してください。