Plesk 11.5 以降でデバッグロギングを有効化/無効化するには?

Created:

2016-11-16 13:18:56 UTC

Modified:

2017-08-16 16:59:30 UTC

2

Was this article helpful?


Have more questions?

リクエストを送信

Plesk 11.5 以降でデバッグロギングを有効化/無効化するには?

Applicable to:

  • Plesk 12.5 for Linux
  • Plesk 11.x for Linux
  • Plesk 12.0 for Linux

症状

Plesk for Linux の 11.5 以降 でデバッグロギングを有効化/無効化するにはどうすればよいですか?

解決策

  1. panel.ini が既に存在する場合を除き、まずサンプル構成 /usr/local/psa/admin/conf/panel.ini.sample /usr/local/psa/admin/conf/panel.ini にコピーします。

    # ll /usr/local/psa/admin/conf/ | grep panel
    -rw-r--r-- 1 root root 317 Feb 6 11:39 panel.ini
    -rw-r--r-- 1 root root 198 Oct 15 16:01 panel.ini.original
    -rw-r--r-- 1 root root 1542 Dec 10 17:06 panel.ini.sample
  2. デバッグログを有効化するには、 panel.ini で以下の行のコメントを解除する必要があります(文字列先頭の ; セミコロンを削除します)。

    [debug]
    ; Enable debug mode (do not use in production environment)
    enabled = on
    [log]
    ; Log messages verbosity level (from 0 to 7)
    ; 0 - only critical errors, 7 - all including debug messages, default - 3
    filter.priority = 7
    ; Enable logging of SQL queries
    show.sql_query = on
    ; Enable logging of external utilities calls
    show.util_exec = on
  3. デバッグログを無効化するには、 panel.ini で上記の行をコメントアウトします。

  4. デバッグモードを有効化したときのログは、 /usr/local/psa/admin/logs/panel.log ファイルに記載されます。

これは、小さいバイナリを含め、ほぼすべての Plesk 実行ファイルに対応します。

例:

    # /usr/local/psa/bin/ip_ban --update -ban_period 600 -ban_time_window 600 -max_retries 10
DEBUG [dbquery] [0] SQL: SET sql_mode = ''
DEBUG [dbquery] [0] END: 0.00023102760314941 sec
DEBUG [dbquery] [1] SQL: SET NAMES utf8
DEBUG [dbquery] [1] END: 0.00013208389282227 sec
DEBUG [dbquery] [2] SQL: connect
DEBUG [dbquery] [2] END: 0.00038313865661621 sec
DEBUG [dbquery] [3] SQL: SET sql_mode = ''
DEBUG [dbquery] [3] END: 0.00014400482177734 sec
...
SUCCESS: The settings were updated.

このバイナリからの DEBUG メッセージを抑制 するには、 panel.ini filter.priority = 7 をコメントアウトします(セミコロン ; を文字列の先頭に追加)。

出力は以下のようになります。

# /usr/local/psa/bin/ip_ban --update -ban_period 600 -ban_time_window 600 -max_retries 10
SUCCESS: The settings were updated.

注: ip_ban などの小さいバイナリは起動のたびにこれらの設定を読み込むため、変更は直ちに適用されます( service psa restart やその他の類似コマンドの必要はありません)。

また、一部のログメッセージを隠すことができるオプションもあります。例えば:

    ; Enable logging of SQL queries
show.sql_query = on

; Enable logging of external utilities calls
show.util_exec = on

; Enable logging of stdin and stdout for external utilities calls (do not use in production environment)
show.util_exec_io = on
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
ログインしてコメントを残してください。