エラー "The license key is intended only for use with Plesk operating inside the following virtual environments"

Created:

2016-11-16 13:12:09 UTC

Modified:

2017-06-05 06:07:00 UTC

2

Was this article helpful?


Have more questions?

リクエストを送信

エラー "The license key is intended only for use with Plesk operating inside the following virtual environments"

症状

Plesk インターフェースを開くときや、ライセンスキーを更新するときに、以下のエラーメッセージが表示されます。

Error: The license key is invalid. In order to use Plesk, you need to obtain and install a new valid license key.
The license key is intended only for use with Plesk operating inside the following virtual environments: Virtuozzo containers, VMWare, Microsoft Hyper-V, Xen, KVM, Virtuozzo Server, LXC, Docker.

原因

いくつかの原因が考えられます。

  • サポート対象外の仮想化環境に Plesk がインストールされている
  • 物理マシンの BIOS がハックされた
  • 正しく構成されていない仮想マシンが物理ホストとして検出された
  • コンテナの上限が引き上げられた

解決策

Plesk は、以下の仮想化ソリューションのみをサポートします。

VMware
XEN
Virtuozzo (former Parallels Cloud Server 6)
OpenVZ
Virtuozzo containers 4.6 for Linux
Virtuozzo containers 4.6 for Windows
Virtuozzo containers 4.7 for Linux
LXC (Docker)
KVM
Hyper-V

仮想化環境がサポートされていない場合は、VPS ライセンスではなく専用 Plesk ライセンスをアップロードしてください。

Plesk が実行環境をどのように検出するかについては、以下のいずれかの方法で確認できます。

  • 以下のコマンドを実行します。

Windows の場合:

    "%plesk_bin%\\php.exe" -dauto_prepend_file= -r "echo get_virtualization();"

Linux の場合:

    /usr/local/psa/bin/sw-engine-pleskrun -dauto_prepend_file= -r "echo get_virtualization();"

Plesk 12.0 以降では、Linux と Windows の両方で以下のスクリプトを使用します。

  • 以下のコードを含むファイルを作成します( info.php )。
    <?php
    require_once('api-common/cu.php');

    cu::initCLI();
    $cu = new cu();
    try {
    $si = var_export(getServerInfo(), true);
    cu::print_stdout($si);

    } catch(Exception $e) {
    cu::print_stderr("Error: " . $e->getMessage());
    cu::cuExit(1);
    }

    cu::cuExit(0);

次に、Windows でこれを実行します。

    "%plesk_bin%\\php.exe" info.php | findstr platform

Linux の場合:

    /usr/local/psa/bin/sw-engine-pleskrun info.php | grep platform

画面に、Plesk の検出の結果が表示されます。 dedicated または none は、物理ハードウェアを意味します。

Linux で使用できるその他のユーティリティには、 dmidecode lspci があります。

さらに Windows では、以下の手順に従って BIOS 情報を取得することができます。

  1. コマンドラインで wbemtest を実行します。

  2. [Connect] を 2 回クリックします。

  3. [Query] をクリックします。

  4. 以下を実行します。

    SELECT * FROM Win32_BIOS

その結果、 Version='ACRSYS - 1' のような BIOS 情報が表示される場合、この BIOS がハックされておりハックを無効化する必要があるか、専用サーバ用のライセンスを取得する必要があります。

出力結果から仮想プラットフォームがないことが推測される場合、正しい設定で適切に再デプロイする以外に、Plesk にこれを検出させる方法はありません。

また、Plesk 管理サービスが稼働していることを確認します。Plesk 管理サービスを再実行します。

Windows の場合:

サーバに 'Administrator' としてログインして、[All programs]から 'plesk services monitor' を選択し、'Plesk Management Services' を再起動します。

Linux の場合:

$ /etc/init.d/psa stop
$ /etc/init.d/psa start

サーバで以下のコマンドを使用して確認します。

+++
"%plesk_bin%\\php.exe" -dauto_prepend_file= -r "echo get_virtualization();"
zen
++++

この記事で解決しなかった場合、 /usr/local/psa/admin/logs/panel.log ファイルを確認して、ライセンスのインストールまたは取得を試みたときの実際のエラーをチェックします。 panel.log に "Fork failed - Cannot allocate memory" エラーがある場合、以下の KB 記事を参照します。

213959545 Error: Fork failed - Cannot allocate memory

追加情報

Plesk 12.0 for Windows:

  • 213363669 Plesk shows: The license key is invalid. In order to use Plesk, you need to obtain and install a new valid license key
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
ログインしてコメントを残してください。