465 番ポートを使用して SMTP サーバに SSL 暗号化通信で接続できません

Created:

2016-11-16 13:05:56 UTC

Modified:

2017-06-17 04:36:41 UTC

1

Was this article helpful?


Have more questions?

リクエストを送信

465 番ポートを使用して SMTP サーバに SSL 暗号化通信で接続できません

症状

465 番ポートを使用して SMTP 経由で SSL 暗号化を利用してメールを送信できません。これは、以下のコマンドで確認できます。

openssl s_client -crlf -connect localhost:465

ただし、TLS 暗号化を利用すれば、465 番ポートを使用して SMTP 経由でメールを送信できます。

openssl s_client -starttls smtp -crlf -connect localhost:465

原因

Postfix の構成ファイルが手動で変更されました。Postfix は SSL または TLS のいずれかで機能します(一度に両方を使用することはできません)。デフォルトで Plesk は SSL を使用します。これがデフォルトの構成です。

/etc/postfix/main.cf ファイルには、以下のエントリが含まれます。

smtp_tls_security_level = may
smtpd_sasl_auth_enable = yes
smtpd_tls_cert_file = /etc/postfix/postfix_default.pem
smtpd_tls_key_file = /etc/postfix/postfix_default.pem
smtpd_tls_loglevel = 1
smtpd_tls_received_header = yes
smtpd_tls_security_level = may
smtpd_tls_session_cache_timeout = 3600s
smtpd_use_tls = yes

/etc/postfix/master.cf には、以下のオプションが含まれます。

plesk_saslauthd unix y y n - 1 plesk_saslauthd status=5 listen=6 dbpath=/var/spool/postfix/plesk/passwd.db
smtps inet n - n - - smtpd -o smtpd_tls_wrappermode=yes
submission inet n - n - - smtpd -o smtpd_enforce_tls=yes -o smtpd_tls_security_level=encrypt -o smtpd_sasl_auth_enable=yes -o smtpd_client_restrictions=permit_sasl_authenticated,reject -o smtpd_sender_restrictions= -o smtpd_recipient_restrictions=permit_mynetworks,permit_sasl_authenticated,reject_unauth_destination
smtp inet n - n - - smtpd

解決策

Postfix の構成をデフォルトに変更します。

  1. 現在の構成ファイルをバックアップします。

    # cp /etc/postfix/main.cf{,.orig}
    # cp /etc/postfix/master.cf{,.orig}
  2. /etc/postfix/main.cf ファイルと /etc/postfix/master.cf ファイルのオプションをデフォルトに変更します。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
ログインしてコメントを残してください。