Postfix MTA で SMTP 認証が機能せず、"SASL login authentication failed" というエラーが発生します

Created:

2016-11-16 12:49:35 UTC

Modified:

2017-07-15 20:41:44 UTC

1

Was this article helpful?


Have more questions?

リクエストを送信

Postfix MTA で SMTP 認証が機能せず、"SASL login authentication failed" というエラーが発生します

症状

有効なログインクレデンシャルを使用しても SMTP 認証が機能しません。

~# telnet localhost 25
Trying 127.0.0.1...
Connected to localhost.
Escape character is '^]'.
220 plesk104.host ESMTP Postfix
auth login
334 VXNlcm5hbWU6
YWJlemJvcm9kb3ZhQHBhcmFsbGVscy5jb20=
334 UGFzc3dvcmQ6
MTIzcXdl
535 5.7.8 Error: authentication failed: authentication failure

メールログに、以下のエラーが表示されます。

'/usr/local/psa/var/log/maillog' :

May 12 07:52:38 plesk104 postfix/smtpd[7538]: warning: localhost.localdomain[127.0.0.1]: SASL login authentication failed: authentication failure

'mchk' ユーティリティを使用しましたが、問題を解決できませんでした。

原因

この問題の根本原因は 2 つ考えられます。

  1. Plesk でこのドメインが無効化/一時停止されている。この場合、 'mail_auth_view' でメールボックスに対して 'D' フラグが表示されます。

    [root@server ~]# /usr/local/psa/admin/bin/mail_auth_view |grep domain
    | mailbox@domain.tld | D | ********* |

    [Websites & Domains]画面で、ドメインが無効化されているかどうかを確認できます。無効である場合、以下の画像のように、ドメイン名の近くに「disabled」マークが表示されます。

    alttext

  2. ' /usr/lib64/sasl2/smtpd.conf ' 構成ファイルに含まれるデータが正しくない。

解決策

  1. 無効化されている場合、ドメインを有効化します。

  2. 'smtpd.conf' が正しく構成されていることを確認します。

  3. Plesk 10.x:

    `'/usr/lib64/sasl2/smtpd.conf'`:

    pwcheck_method: auxprop saslauthd
    auxprop_plugin: sql_sqlite3
    saslauthd_path: /var/spool/postfix/private/plesk_saslauthd
    mech_list: DIGEST-MD5 CRAM-MD5 PLAIN LOGIN
    auto_transition: yes
    sql_engine: sqlite3
    sql_hostnames: localhost
    sql_database: /var/spool/postfix/plesk/passwd.db
    sql_select: SELECT `%p` FROM domains d, users u WHERE u.name='%u' and d.name='%r' and d.status=0 and u.status=0 and u.dom_id=d.id
    sql_verbose: yes
    log_level: 9
  4. Plesk 11.x:

    `'/usr/lib64/sasl2/smtpd.conf'`:

    pwcheck_method: auxprop saslauthd
    auxprop_plugin: plesk
    saslauthd_path: /var/spool/postfix/private/plesk_saslauthd
    mech_list: DIGEST-MD5 CRAM-MD5 PLAIN LOGIN
    auto_transition: yes
    sql_engine: intentionally disabled
    log_level: 4

また、

 plesk_saslauthd unix y y y - 1 plesk_saslauthd status=5 listen=6 dbpath=/var/spool/postfix/plesk/passwd.db

/etc/postfix/master.cf ファイルで、上記の行が既存の passwd.db ファイルをポイントしていることを確認します。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
ログインしてコメントを残してください。